出羽海会の歴史は、明治時代に活躍し角聖と称えられた第19代横綱常陸山を後援する常陸山会を祖とし、その後5代目出羽海を襲名し出羽海会と改名。明治、大正、昭和、平成、令和と脈々続く格式と由緒ある組織であります。
大相撲という伝統文化に身を投じ、厳しい修行する若者を支援し、晴れて関取になれば、人格形成においても助言し、物心両面に後援する組織です。
東京出羽海会会長 寺本誓喜


※反社会的勢力の入会や、後援会員として相応しくないと判断された場合はお断りさせて頂きます。
※稽古風景の動画撮影は禁止です。 千秋楽打ち上げパーティーなど、SNSに投稿は肖像権や個人情報の侵害のため禁止です。 自ら楽しむためだけの撮影に限ります。
後援会組織について
後援会組織は以下の運営拠点を中心に活動し、力士を中心として親睦を図り激励と成功に寄与することを目的とする。
また、会費をもってこれを運営する。

後援会大代表 TEL:03-3632-4920
お問い合わせ下さい
お問い合わせ下さい


お問い合わせ下さい
お問い合わせ下さい


PAGE TOP