年代別レポート →  2018  |  2017  |  2016  |  2015

九州場所四日目を迎えた本日、宿舎では野外での食事です。
良質なタンパク質を摂取するためにひつような鰯の開き、醤油とみりんをベースにしたタレが染み込んだ力士手作りの鶏の焼きつくね、焼きおにぎり。そして後援会の方からの差し入れで頂いた、勝利にあやかった白星の肉まん。
鰯(弱し)を食って白星に。無理やりなこじつけかな?
ともあれ、青空の下で皆で食べる食事は格別に美味しいですね。

茨木県の後援会の方から納豆の差し入れが届きました。
本格的な藁(わら)納豆です。藁に住み着いている納豆菌を利用して大豆を発酵させるので、美味しい納豆が出来上がるのです。
納豆のネバリと勝負における「粘り強く」ということから、昔から納豆はスポーツや受験等で縁起担ぎで用いられます。
納豆とは縁遠い関西圏のなかでも、とりわけ納豆の消費が低いといわれる和歌山出身の久之虎クンがこの笑顔!
九州場所でもネバリ強さを出して、力士一同頑張ってまいります!

かねてからお伝えしておりました激励会の様子です。
九州場所を目前にして多数の後援会やファンの方々にお集まりいただき、大いに盛り上がった会となりました。
そして2日後の6日は、有志によりるゴルフコンペ西日本カントリークラブ様にてが行われました。天候に恵まれ、後援会の皆様と楽しいひと時を過ごすことができました。ご参加いただいた皆様、まことに有難うございました。

十一日に開催される九州場所を目前にし、春日野部屋との合同稽古が行われました。
栃ノ心関、栃煌山関、碧山関をむかえ、我が御嶽海関も稽古に熱が入ります。
福岡の冬の風物詩とも云われる一年納めの九州場所に是非とも足をお運びなってください。

まもなく開催されます十一月場所に向けて、出羽海部屋の力士一同、九州は粕屋郡の宿舎にて稽古に励んでおります。
ここ九州の宿舎では稽古見学が可能となっております。お近くにお寄りの際は是非お立ち寄りください。

築地場外に買い物へ行きました。
豊洲市場移転に伴い、築地が無くなるような報道ですが、場外は元気に営業中。

力士も初の築地に興奮しました。
新鮮で本格的な食材と、美味しい食べ物に舌鼓。

せっかくなので、買い物した食材でちゃんこ鍋を作りました。

大相撲九月場所は皆さまのお陰で、今回も満員御礼で千秋楽を迎えることが出来ました。誠に有難うございます。
今回の祝賀会も多くの皆様方に、力士一人一人に対し叱咤激励の言葉を頂き、来場所へ向けて奮起することができました。重ねて御礼申し上げます。
また、この九月場所は長きに渡り出羽海部屋に尽力してくださった山科親方(元大錦一徹:東小結)が定年退職となりました。50年以上の相撲人生を顧みて「満足であった」との事。引退後もお元気で。

以下、今場所の成績結果です。

【勝越】
御嶽海:9勝6敗 / 碧海浜:4勝3敗 / 出羽東:4勝3敗 / 出羽ノ城:4勝3敗 / 出羽の空:4勝3敗 / 小城虎:4勝3敗

【負越】
出羽疾風:3勝4敗 / 海龍:3勝4敗 / 久之虎:3勝4敗 / 希帆ノ海:1勝6敗 / 碧の正:3勝4敗 / 出羽泉:2勝5敗 / 松山:0勝0敗7休 /
山藤:3勝4敗 / 吉村:3勝4敗

 大相撲九月場所を明日に控えた、8日本日、両国国技館での土俵祭り終了後に御嶽海関の優勝額贈呈式が行われました。幕内最高優勝を達した力士に贈られる優勝額は、縦3.17メートル、横2.2メートルという大きさです。明治42年からこの制度がはじまり、もともとは白黒写真の上に油絵で着色という手法がとられてきました。昭和26年以来、この着色の仕事を担当してきた彩色家の佐藤寿々江氏の引退、また昨今のデジタル化に伴い、平成26年一月場所よりデジタル処理されたカラー写真が用いられるようになりました。
 贈呈式は多くの報道関係者や相撲ファンで賑わい、後援会幹部と共に終始笑顔の御嶽海関でした。
 大関取りがかかった明日からの九月場所、皆様、是非とも両国国技館に足をお運びいただき、御嶽海関の応援をお願いいたします。

 昨年に引き続き、本年も東郷神社にて「東郷勝ち相撲」が開催されました。出羽海部屋からは、高崎親方をはじめ、出羽疾風、碧の正、希帆の海、出羽の空が参加。
 「姫」「福」「夢」「勝」「愛」と刺繍された化粧まわしに身を包んだ総勢100名の赤ちゃんたちの元気な泣き声が会場に響き渡りました。皆が元気に、そして健やかに育ちますように。

先般、ご案内しておりました笹川夏合宿が本日をもちまして無事に終了することができました。ご覧の通り、希帆ノ海による弓取り式、赤ちゃん土俵入り、わんぱく力士トーナメント等々、目白押しの内容で集まってくださったファンの方々も大いに賑わっていました。
皆様、本当に有難うございました。この合宿での成果を九月場所で発揮する所存です。

今年で第十八回を数える笹川夏合宿の様子です。
地元の皆様はもちろん、遠方からお越しくださったファンの方々に多数集まっていただき、熱の入った合宿なっています。
笹川夏合宿は19日まで。残り2日間です。最終日はファン感謝デーとして、赤ちゃん土俵入り、200食限定のちゃんこ無料配布、わんぱく力士トーナメント等、イベントが目白押しです。是非、お越しください。

 名古屋場所で初優勝した長野県出身の御嶽海関が、長野県への初凱旋を果たしました。
 8月5日の長野場所と、8月6日の諏訪湖場所の様子です。それぞれ6000人、4000人を超えるお客さんに熱い声援を受けた御嶽海関。やはり、優勝後の地元ということもあり、本人の嬉しさも一入のようです。
 お越しいただいた皆様、誠に有難うございました。

東京の出羽海部屋には多くのファン、後援会の皆様から御嶽海関優勝を祝う多くの祝花が届きました。 本当に有難うございます。皆様の期待に応えるべく日々精進していく所存です。

以下、届いたなかからその一部を紹介いたします。(順不同)
東海テレビ スポーツ局 たけい荘 制作スタッフ一同様 / 東洋大学相撲部 OB会長 古澤英彦様 / 
読売巨人軍 取締役オーナー 山口寿一様 / 株式会社 ホテル日航福岡 代表取締役社長 太田禎郎様 総支配人 大月照雄様 / 
信濃毎日新聞 代表取締役社長 小坂壮太郎様 / (株)市民タイムス 代表取締役 新保力様 / 
JFE溶接鋼管株式会社 代表取締役 石川逸弥様 / 千葉商科大学付属高等学校 校長 遠藤行巳様 / 
株式会社 東京正直屋 代表取締役社長 山ア正之様 / わーすた様 / フラワーケント ホワイト急便亀沢一丁目店様 / 
大阪北新地 アイ&クラブ岩ア 岩ア夏子様 / 久我洋一様

重ねまして御礼申し上げます。皆様の声援が励みになります。本当に有難うございました。

この名古屋場所も満員御礼で千秋楽を締めくくることができました。
そして我が出羽海部屋からは関脇の御嶽海関が幕内優勝をはたし、且つ殊勲賞、技能賞を受賞しました。
場所の中盤からは当サイトの問い合わせやブログのコメントに激励のお言葉を多数いただき、それが本人にも大きな励みとなり、このような結果となりました。
祝賀会には近隣の皆様、長野県から、そして東京からも集まっていただき、会も大いに賑わいました。重ねまして御礼申し上げます。
この日を機に、一同新たな気持ちで精進していく所存です。本当に有難うございました。

以下、今場所の結果です。

【勝越】
御嶽海:13勝2敗 / 希帆ノ海:5勝2敗 / 出羽泉:4勝3敗 / 出羽東:6勝1敗 / 出羽ノ城:4勝3敗 / 山藤:4勝3敗


【負越】
出羽疾風:3勝4敗 / 海龍:3勝4敗 / 久之虎:3勝4敗 / 碧海浜:3勝4敗 / 碧の正:3勝4敗 / 松山:1勝6敗 / 吉村:1勝6敗 /
出羽の空:3勝4敗 / 小城虎:0勝7敗

千秋楽の当日、パレードの前の様子と、千秋楽祝賀会の会場での鏡開きの様子です。

優勝が確定した十四日目、犬山市に居を構える宿舎でお祝いの様子です。
名古屋出羽海会の幹事の皆様や御嶽海関の親縁に囲まれての祝いの会です。

大相撲名古屋場所 十四日目、御嶽海 VS 栃煌山の 取り組みの様子です。
左四つから寄り切り。
ここで御嶽海の優勝が決まりました。
そして出羽海部屋にとって38年ぶりの悲願の優勝です。
応援していただいた皆様、本当に有難うございました。

名古屋場所も後半戦に入った今日、お昼ご飯はゲン担ぎにトンカツをいただきました。
この分厚いお肉の効果と皆さまの熱い声援のおかげで、久之虎クンは本日2勝目をあげました。
この後の取組みも頑張っていきます!

名古屋出羽海会の計らいにより、2018年7月13日に名古屋場所恒例の「ひつまぶしを食べる会」が開催されました。
『あつた蓬莱軒』さんのひつまぶしの美味しさに、力士たちも笑顔です。被災者意識に配慮し、感謝の気持ちで頂きました。
そして本日は、御嶽海関が、東前頭筆頭正代を下し、単独トップに躍り出ました! 6連勝中の御嶽海関は、食べる姿からも、気合が伝わってきますね。鰻パワーで、初優勝を成し遂げてほしいものです。

昨日に続いて、またまた食べてます。今日は揚げ豚足です。豚足といえば琉球地方のイメージですが、福岡では塩焼き、山形県では塩ゆで、静岡県では砂糖と醤油で煮込む「おもろ」として、また海外でも韓国、台湾、欧米等々で食されています。
本日、出羽海の宿舎では明日のちゃんこの仕込みの為に一日早くした準備に励んでいるこの4人。熊本で愛されている揚げ豚足のようです。準備のはずが味見のための手が止まらなくなっています。美味しいそうですね。

名古屋場所二日目を終えた碧の正くんと出羽の空くんの両名は、名古屋に来たからにはこれを食べなければ!という事で、名古屋のソウル・フードの「味噌煮込みうどん」を食しに喜作さんにお邪魔しました。
豆味噌と鰹節を使った濃厚な風味の出汁、そしてこの赤いスープに絡みつく腰のある太い麺、二人の笑顔を見ればいかに美味しいか分かりますね。
食後にはコメダ珈琲店の名物である「シロノワール」。
美味しい名古屋めしを堪能した二人、これが明日以降の取組のための活力となるのです。

名古屋場所がまじかに迫った本日、出羽海部屋の宿舎に豪栄道関、高安関、栃ノ心関の三大関が出稽古の為に集結しました。
そしてここに、関脇に返り咲いた御嶽海関も参加して白熱の稽古が展開されました。御嶽海関の今場所の目標は、「二桁勝ち越して、八月の長野場所に臨む」です。
皆様、声援のほど宜しくお願いします。ドルフィンズアリーナでお待ちしてます。

本日、各国の外交官の方々が我が出羽海部屋に稽古見学に来られました。ベルギー、フィリピン、インドネシア、イギリス等、外交官婦人も含め、稽古の後には力士たちと一緒にちゃんこ鍋に舌鼓。
相撲という伝統文化に触れ。大いに喜んでおられました。

出羽海部屋の力士たちも日々稽古に精進しております今日この頃。
そんな彼らの稽古後の一枚がコチラ。7月8日から開催される名古屋場所に向けてのPRの一枚。
力士たちが手にしているのは名古屋場所のチラシ。人気力士や親方との写真撮影という特典付きのチケットや、写真で御嶽海関が手にしている名古屋場所初登場のオリジナルグッズ付きの桝席などがあります。
名古屋の相撲ファンの皆様のお陰でチケットの残りも僅かとなってきました。皆様、是非ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)でお会いしましょう。
チケット情報はコチラ。→ チケット大相撲

今回も満員御礼で千秋楽を迎えることができた大相撲五月場所。
御嶽海関が足首の怪我に悩まされながらも、9勝6敗という大健闘ぶりをみせてくれました。
また、部屋としても15人中10人が勝ち越すという大飛躍の場所となりました。
そんな出羽海部屋の力士を一目見ようと、千秋楽祝賀会に非常の多くの後援会やファンの皆様に集まっていただきました。この会で力士たちは皆さまから叱咤激励の言葉をいただき、次の名古屋場所に向けて奮起していることと思います。集まっていただいた皆様に御礼申し上げます。


以下、今場所の結果です。


【勝越】
御嶽海:9勝6敗/海龍:5勝2敗/碧海浜:4勝3敗/碧の正:5勝2敗/松山:4勝3敗/吉村:4勝3敗/出羽ノ城:5勝2敗/出羽の空:4勝3敗/
山藤:6勝1敗/小城虎:4勝3敗


【負越】
出羽疾風:3勝4敗/久之虎:3勝4敗/希帆ノ海:3勝4敗/出羽泉:1勝6敗/出羽東:2勝5敗 

 5月13日により開催される大相撲五月場所に向けて、国技館にはのぼりが立ちました。我が出羽海部屋の力士たちもゴールデン・ウィークの休みも無く日々精進しています。
 7日、本日は出羽海部屋一門の春日野部屋からの出稽古でした。写真は御嶽海関と栃ノ心の稽古の様子。その後ろには栃煌山関が眼光鋭く二人を見つめています。
 皆が良い結果を残せるよう頑張ってまいります。

 1973年の初来日以来、約半世紀にわたり出羽海部屋の後援会員のドリーン・シモンズさんが逝去されました。享年85歳。
 イギリス出身の好角家であるドリーンさんは、場所中は大相撲の英語解説者として、また相撲以外の日本の文化における講演活動等の活動が認められ、2017年には旭日章を授与されました。
 部屋一同、心から追悼の意を表します。

 過日、笹川夏合宿の実行委員会が執り行われ、第18回笹川夏合宿の開催が決定しました。
 日程は、8月6日から19日まで。13日のみお休みとなります。
 詳細は追ってお知らせいたします。
 (写真は実行委員の皆様と)

15日間にわたり行われてきた大相撲三月場所も満員御礼で千秋楽を迎えることができました。
そしてこの日、出羽海部屋も多くの後援会やファンの皆様に見守られながらの千秋楽祝賀会を開催することができました。お集まりいただいた皆様、本当に有難うございました。
また、三月に新弟子検査を合格した愛知県出身の原田淳平君が皆様の前に初お目見えしました。今後の活躍に期待です。


以下、三月場所の結果です。
【勝越】
碧海浜:4勝3敗 希帆ノ海:4勝3敗 久之虎:7勝0敗 松山:4勝3敗 出羽泉:6勝1敗 出羽東:5勝2敗 吉村:4勝3敗 出羽の空:5勝2敗
【負越】
御嶽海:7勝8敗 出羽疾風:3勝4敗 海龍:3勝4敗 碧の正:2勝5敗 出羽ノ城:0勝2敗5休 山藤:3勝4敗

平成30年の初場所は、多くのお客様に見守られながら満員御礼で幕を閉じ、千秋楽終了後の祝賀会でも会場を埋め尽くさんばかりの後援会やファンの方が来場されました。
この会においてのお客様との触れ合いは、力士たちにとって来場所への奮起の材料となることと思います。
皆様、本当に有難うございました。


以下、今場所の結果です。
【勝越】
御嶽海:8-7 出羽疾風:6-1 海龍:4-3 碧海浜:5-2 碧の正:5-2 久之虎:5-2 松山:6-1 
【負越】
希帆ノ海:3-4 出羽ノ城:3-4 出羽泉:2-5 出羽東:2-5 吉村:2-5 山藤:2-5 出羽の空:3-4 

2018年1月13日、明日から初日を迎える大相撲一月場所を前に、出羽海部屋にも「触れ太鼓」が響き渡りました。
この太鼓の音を聴き、力士たちも実が引き締まる思いです。皆様、応援のほどよろしくお願い致します。

2018年1月3日、新年恒例の出羽海一門の連合稽古が行われました。初稽古ということもあり、皆が気合いの入った稽古をするなか、とりわけ御嶽海ほかの10人以上の関脇衆による迫力のある申し合いが繰り広げられました。

PAGE TOP